粒ぞろいの秋アニメ、キーワードは“新しい昭和”

10月放送開始の深夜アニメがほぼ出揃った。前期(7〜9月期)は稀に見る豊作と言われ、最終回まで見届けた作品もかなり多く、季節の切り替えが難しいとも予想されたが、今期もそれに劣らないかもしれない佳作候補が現状、散見されている。何しろ数が多く放送時間が長いものから短いものまで、ヲタク向けを意識したものから池袋方面向けまで多種多彩なのは相変わらずで、傾向をひとまとめにするのは危険な試みであることは重々承知しているが、それで昔ならではのノイズ付きでもなんとなく流れというか、この季節独特の匂いというものがわかってきた気はしている。今期の匂いとは、ズバリ、昭和である。

http://ext.nicovideo.jp/thumb/1444361096
まず、『おそ松さん』である。ご存知、ギャグ漫画の神様・赤塚不二夫御大の出世作であり往年の国民的タイトル『おそ松くん』、その3度目のアニメ化は、その話が伝わった時、無謀の二文字しか浮かばなかった。だが、おそ松をはじめとする六つ子らのCVキャストを見た時、これは神作になると筆者は確信した。櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由と、ひとりで主役を張れるメンツがずらりと顔を揃え、基本ハンコ絵キャラを演じるのである。これが何か起こらず終わるはずがない。更に監督は『銀魂』の藤田陽一、危険な匂いがプンプンだ。

で、蓋を開けてみた第1話はカオスの塊だった。開始冒頭、画面は4:3の白黒となり、49年前の初代アニメ版としか思えない作画が展開される。しかもご丁寧に昔ならではのノイズ付きで。六つ子たちは3度目のアニメ化に喜びはしゃぐというメタ展開で進み、深夜アニメ隆盛の今、どうしたらファンがついてきてくれるか考えた挙句、次の場面で突如、6人は『うたの☆プリンスさまっ♪』を髣髴とさせる八頭身のイケメンキャラに姿を変え大人気アイドルグルループのごとくライブを展開するのである。そして間髪入れず、いわゆる腐女子あてイケメンアニメのパロディが機関銃のように乱射される。さらにおフランス帰りのミーことイヤミまでも金髪で本当にフランス語ペラペラのバリバリイケメンキャラとなって現れ“スタイリッシュ・シェー”を披露。続いて『ハイキュー』やら『黒子のバスケ』やら『弱虫ペダル』やら『ラブライブ!』やらと深夜アニメの人気タイトルのパロディを畳み込んでいく。極めつけは巨人となって襲いかかるチビ太!もちろん右手にはおでんを持ってる。

もうやりたい放題。これらのパロディ自体は珍しくないがここまでハチャメチャに詰め込んでくるのは見たことがない。だが、そのドタバタ感はまさに往年の赤塚不二夫マンガが何度もやってきた大定番でもある。おそらくパロディにされた元作の権利者たちは怒るどころか手を叩いて歓喜したのではないのだろうか。「あの赤塚先生のキャラとどう湿気できたなんて夢のようだ」と。

正直、大2話意向もこのペースが維持できるのか帰って心配になるほどのパワフルギャグをかましてくれたのが「おそ松さん」だった。

そしてもう1本、昭和40年代ののシュールさを大胆な作画と緻密なシナリオで展開してくれているのが『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』だ。


平行世界というべき「もう一つの日本」が舞台。劇中では“神化”という年号が使われているがどうやら昭和41年らしい。高度成長というターボエンジンでモーレツに加速、変貌していく世の中で、我々の知るフィクションの世界で活躍していたはずの“超人”(要するにウルトラマンとかエイトマンとか魔女っ子とかオバケのQ太郎とか)たちのの本当は言いたかっtのではないかと思われる心の叫びを主人公たちが解き明かしていく、取ったようなストーリー展開で、何しろ色彩の使い方や周囲の小道具類のデザインが未来レトロちっくでめちゃくちゃかっこいいのである。主人公がトヨタ2000GT似の車を運転中に受信したパンチ穴が空いた紙テープを見ながら「こんなもの運転しながら読めるか!」っと口走るシーンには思わず爆笑。そして折々に流れる昭和40年代の流行歌(第1話では「あの素晴らしい愛をもう一度」、第2話では「空に星があるように」)が実に効果的で涙さえ滲んできてしまう。俺たちの未来は本当はこれではないのかと言いたくなるほどに。ほぼオリジナルアニメに近いらしくこの先取展開していくのか皆目読めないのではあるが、そこは筆者と同じ昭和41年タメ年の水島精二監督(兄者)のこと、大いに期待したいところだ。

昭和40年代に夢を置き去りにしてきた同年代有志諸君、この秋はこれら新しい昭和を展開する深夜アニメで夜長を過ごしてみてはいかがだろう。

広告

昭和53年(1978年) 神宮の森に東京音頭がこだました

筆者が野球に夢中になった昭和50年代は、日本のプロ野球史における大きな過渡期だった。王者巨人の連覇は9で途切れ、ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄がバットを置いたあと、セパともに群雄割拠の時代を迎えた。昭和49年、巨人に代わり日本一の座についたのはカネやんこと金田正一率いるロッテオリオンズだった。万年Bクラスだった広島カープが“赤ヘル旋風”を起こして初優勝を飾ったのが昭和50年。同じ年、近鉄バファローズは後期優勝を果たし、進行球団が次々と力をつけてきた。ちょうどドラフト制度が取り入れられてから10年が経ち、優秀な人材がかつての弱小チームにも加入するようになり、戦力が均等化された成果がちょうどこの頃に顕在化したということだろう。

そして昭和53年、広島と同じくBクラスが指定席だったヤクルトスワローズが、12球団最後の優勝の美酒を味わった。この年のヤクルトは、就任3年目の智将・広岡達朗監督指揮のもと、アベレージヒッターの若松勉、強打の大杉勝男、大砲・チャーリー・マニエル、新加入のヒルトンらを軸とした打線が安定。これに船田、伊勢という代打の2枚看板がスパイスとなり、終盤に強い“逆転のヤクルト”としてペナントレースにおける台風の目となっていた。投手陣では豪速球で鳴らすエース・松岡弘と左アンダースローの安田猛、技巧派の会田の3本柱がその実力をいかんなく発揮した。

この年、小学6年生だった筆者は、家の近所の床屋のあんちゃんがくれるヤクルト戦のチケットを握りしめ、千駄ヶ谷の神宮球場まで何度となく通ったものだ。当時埼玉は西武ライオンズが移転してくる前夜で、特定の球団を応援する地場はなく、ご多分に漏れずなんとなく巨人が数寄で応援しているといった適当なファンが点在する地域だった。「威張った奴は嫌いだぜ」と「侍ジャイアンツ」の番場蛮のセリフに感化されたわけでもないが、筆者はどうしても巨人を好きにはなれず、そんな折にたまたま近所のイトーヨーカドーで見かけたYSのロゴが付いた野球帽が目に付き、以後、スワローズファンを名乗ることになった。更に床屋のあんちゃんがしょっちゅうくれたチケットがたまたま隣のヤクルト配達所のつてだったために神宮球場の券だったことが重なり、ますますヤクルトスワローズの得も言われぬ魅力に引き込まれていったのだった。

だが、ファンになりたてだった昭和50年頃のヤクルトは正直、ぱっとせず、突如変貌した広島カープの姿を歯がゆい思いで眺めていた。ちょうど、急激に盛り上がり始めたカープ女子の傍若無人ぶりを最下位の底辺から見つめていた去年のヤクルトファンの如く、である。若松や松岡ら個々の選手はいいところを見せるのに肝心なところで勝てない。挙句、51年夏には当時監督だった荒川博(王貞治に一本足打法を伝授したえらーいお方)が成績不振で休養を言い渡さえるにいたり、チームはどん底状態に。そこに登場してきたのが、ヘッドコーチから新監督に昇格した広岡達朗だった。広岡は翌52年、元巨人の森昌彦(川上巨人のブレーンとしてV9を影で支えたえらーいお方)をヘッドコーチに据え、本格的に球団改革に着手。後に西部監督就任時に話題となる菜食主義や、選手の奥方たちを呼んでの選手の管理方法の伝授など、選手たちのライフスタイルにまで立ち入る大胆な指導法で、負け癖がついた弱小チームを優勝を争える集団へと作り変えた。こうした内情を小学生の自分たちが知るのはずっと後だったが、この頃からヤクルトの何かが変わった様子は私達にも直感的に伝わってきた。

そして迎えた昭和53年のペナントレース。本来なら簡単に落としていたはずのギリギリの勝負を、この年のヤクルトは終盤の粘りでひっくり返し、着々と勝ち星を重ねた。そして9月を迎え、3連続リーグ優勝と5年ぶりの日本一に執念を燃やす巨人と、球団創設29年目にしてついに巡っていきた優勝のチャンスを逃すまいとするヤクルトは壮絶なデッドヒートを繰り広げる。そこでもヤクルトは、自慢の代打陣の活躍で逆転勝利を連夜に渡り演出。神宮球場の1塁側スタンド(そういえば当時は応援団が陣取るスペースは内野席が主流だった)は岡田応援団長によるフライパンを叩いての伴奏の元、いつしか定着していた東京音頭の歌声が響き渡った。

そして迎えた10月4日、神宮球場での対中日戦で、スワローズはエース松岡の力投でついにペナントを勝ち取った。そこには万年最下位に甘んじた弱小チームの姿はなかった。

そんな昔話から37年、昨年までのBクラス住まいと決別した真中監督率いる東京ヤクルトスワローズはあの日を思いださせるように14年ぶりのセ・リーグ優勝の美酒に酔ったのである。