昭和46年(1971年) 新宿に巨大建造物を見た日

筆者が幼稚園に入る直前だから昭和45年冬のことだったか。家の近所の駐車場に入り込んで友達とかくれんぼなどをして遊んでいた時のこと、怖いもの知らずだった筆者は3階くらいまでの高さがある梯子によじ登って手を滑らし、コンクリートの地面に頭から落っこちるという事故をやらかした。下手すりゃそこでこの世とおさらばしていたわけだが、運よく一命は取り留めたものの、右側頭部のあたりに陥没の疑いがあるとして浦和の自宅から少し離れた大きめの病院にタクシーで運ばれた。なんとなくその状況は記憶に残っているので、そう考えれば重症ではなかったのかもしれないが、まあ幼児ということもあり検査をしてみなければということで人生初の入院を経験することになった。

しかし、ことが頭のなかとあってその病院では手に負えなくなったのか、諸般の経緯で新宿駅西口界隈にある総合病院に転院させられることとなった。人生初の東京住まいは新宿だったというわけだ。

800px-Keio_Plaza_Hotel_-01 そこで、手術を受けるか受けないかですったもんだして悶々とした日々を送っていた折り、病院の庭に立った筆者はその向こうに見たこともない真っ白な巨大建造物を目の当たりにした。当時、巨大なビルといえば霞が関ビルがその名を轟かせており、押さなかった筆者さえもそれは認識していた。しかしここは間違いなく霞ヶ関ではない。では、あれは何だ?すると看護婦さんが教えてくれた。あれは京王プラザというホテルなのだと。ホテルという宿泊施設がどういったものかも知らなかった筆者だったが、なるほどホテルとはあのようなでかいものでなければならないのか。よく見ればビルのてっぺんにはクレーンが見え、まだ建築中だということも分かった。

ふむ、ああした背の高い建物が立ってるのが大都会というものなのか。そんな思い出をインプットした筆者は、結局入院中に体調が芳しくなかったことから手術をうけることはなく、さして何もせぬまま退院。頭の右上を触るとなんとなくそこだけ平らという違和感こそあったがその後ほったらかしになり、成長とともにその違和感もいつしか消えてしまった。筆者がその後、意図とちょっと違う思考をしがちになったのはその時の事故のお陰ではないかと勝手に思い込み感謝もしている。

そして、あの日眺めた京王プラザホテルビルは筆者が退院した半年後の昭和46年6月にオープン。高度成長の総仕上げというべき様相を露わにし、高層ビルの街・新宿のいち番手として君臨し、怪獣映画や刑事ドラマにおいて時代を象徴する背景セットとしても重宝されることになった。それらの映像を目にするたびに、筆者はあの日の入院生活と、病院の看護婦さんたちが歌っていたその年のヒット曲『走れコウタロー』の音色がよぎるのである。

ちなみにその京王プラザホテルに筆者が初めて足を踏み入れたのは、昭和62年2月、当時所属していた大学のサークルの追い出しコンパの時だった。大学生風情がケープラで飲み感だなんて、つくづくバブルな時代だったんだなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中